最新情報 rss
2017年05月04日(木)

ゴールデンウイーク中です。ゴルフプレイヤーの皆さん、ゴルフ 楽しんでますか?最近のスリーブ付クラブの種類は思っている以上に多くなっています。各メーカーから数種類のモデルが発売されており、スリーブ自体の種類も同一メーカーで数種類出ているような状態です。そんな中、土浦市にお住いの S さんからの相談が代表的なお悩みなので、チョッと紹介させてもらいますが・・・

例えば、A社のスリーブ付ドライバーが一本あり、また、別にB社のスリーブ付ドライバーがあったとします。
この2本はもちろん、それぞれのドライバーとしては全く問題なく使うことができます。
しかし、A社ドライバーのヘッドに、B社シャフトを到着することはできません。これは各メーカーにスリーブの互換性がないからです。
ゴルフプレイヤーはそれぞれマッチしたドライバーが仮に2本あったとしても、Aヘッドに、Bシャフト、Bヘッドに,Aシャフトを入れたクラブを打ってみたいものです。これがゴルフプレイヤー心理です。

また、昨今のネット社会では、スリーブ付の中古シャフトが大量に流通しており、容易にそんなシャフトが手に入る状況になっています。

そんな他メーカーのスリーブが付いたシャフトを別のヘッド、ないしはスリーブ付ヘッドのスリーブに装着する、ようなことが日常茶飯事になってきています。

今回の S さんの場合は、JPN B社 のスリーブが付いたシャフトをそのスリーブから抜いて、USA(JPNモデル) C社 のスリーブを抜いて、ほしい、というオーダーでした。

スリーブ自体を抜くことはほとんどの場合問題はありませんが、そんな時は、できれば、そのスリーブにヘッドを装着した状態でご持参ください。シャフトを抜く際にヘッドがある状態で付属品(セル etc)を取り外す方法が一番シャフトを損傷させずに抜く最良な方法です。

今回の場合はヘッドがない状態でしたので若干時間がかかりましたが、問題なくシャフトを抜くことができました。

シャフトを抜く際には熱処理作業をしますので、シャフト先端部の安全のためには上記のような方法が経験上ベストです。
また、スリーブスクリュー(ねじ回し)ももちろんお持ちください。

ゴールデンウイーク中も営業しております。お気軽にご連絡、ご来店お待ちしております。当店営業時間にはご注意ください。
[トップに戻る

茨城・つくばのゴルフクラブのリメイク・修理:中古クラブの買取・販売:中古ゴルフショップ・ウインズゴルフつくば

〒 305-0042下広岡1091-2
第一光和ビル1F

TEL 029-855-8562 FAX 029-855-8567