最新情報 rss
2017年07月24日(月)

いよいよ夏本番! 暑い日が続きますがゴルフプレイヤーの皆さん、元気ですか?シーズン的にはこの時期が人間の体が一番よく動く時です。そんな、時期にはゴルフクラブ事故(シャフト折れ、ヘッド割れ、etc の思わぬクラブの損傷)が起きやすいものです、ご注意くださいネ・・・

ゴルフクラブは三つのパーツから構成されるギア(道具)です。
ヘッド、シャフト、グリップ、の3パーツのみでできているとても ” シンプルな ” 構造のゴルフクラブは、相当なヘッドスピードのゴルフプレイヤーが相当なパワーをもってスイングしてもそれぞれのパーツが上手くその力を分散しながら逃がし、ヘッド部がボールにその力を伝え、ボール自体を200ヤード以上先のフェアウエイに運んでくれる、ものなのです。

例えば、ドライバークラブの場合、ヘッドはボールの衝撃を受けた場合若干 ” 撓んで ” それを反発力として逆にボールに伝えます。 また、その装着シャフトは重量のあるヘッド、という ” 重り ” がその先についているために、プレイヤーから見て、前後、左右、上下、のそれぞれの方向にこれもまた、 ” 撓んで ” その力をヘッドに伝え、同時にボールにその瞬発力を与えます。また、ゴム etc の素材でできているグリップはプレイヤーの手の中で少しの余裕をもってボールヒット時の衝撃を逃がしてくれる、わけです。
そのぞれのパーツがあまりにも 「 ガッチリし過ぎている 」 とそこには余裕がなくなり、すべてのパーツが一球ごとのボールヒット時に損傷してしまうでしょう。

土浦市にお住いの、 S さん。
ドライバーヘッドのヘッド割れの相談でご来店です。
チタンドライバーのヘッドはその最大容量460mlがもう一般的ですが、フェイス部(ボールの当たるところ)のチタンの肉厚は非常に薄く、スコアリングライン etc の装飾が入っている場合はプラスしてさらに 薄く なっているわけです。
今回はお使いだったヘッドにフェイス部のスコアリングラインの上から2本目あたりのヘッドに亀裂が入った状態でした。
亀裂の入ったフェイス部分修理不可能です。ヘッドの交換をする以外にクラブリメイクの方法はありません。

今回は今までお使いのシャフトを新たなヘッドに使ってみよう、ということでリメイク相談にいらっしゃったわけです。

ヘッドは今までお使いだった 「 ちょっとシャフトが柔らかい 」 とお感じだったもの。
今回はそのヘッドにシャフトを装着してクラブを作ることにしました。

クラブリメイクで新たなリメイクしたクラブの数値スペックは、
クラブ長=45.5インチ、クラブ総重量=315.2g,クラブバランス=D2.2,クラブ振動数=263g,というものです。
60g台のシャフト装着クラブとしてはチョッと長く、シャフト硬度のしっかりしたクラブになりました。

クラブ事故の場合はゴルファー保険での対応もできます。何でもご相談ください。
[トップに戻る

茨城・つくばのゴルフクラブのリメイク・修理:中古クラブの買取・販売:中古ゴルフショップ・ウインズゴルフつくば

〒 305-0042下広岡1091-2
第一光和ビル1F

TEL 029-855-8562 FAX 029-855-8567