最新情報 rss
2017年08月10日(木)

先日 わざわざ鹿嶋市からご来店いただきました、H さん。立派なシングルゴルフプレイヤー( HC 4 )です。クラブ相談はドライバーのクラブ長の長さのこと。お友達から譲ってもらったシャフトを装着したようですが、クラブ長が長く、シャフト硬度が柔らかい、ので今までのスイングではボールの方向性が良くない、と感じているとことで、「 シャフト先端部をカットしてクラブ長を短くし、シャフト硬度を上げたい。」 とのことでしたが・・・

早速クラブスペックチェックをしてみました。
クラブ長=46.75インチ、クラブ総重量=301g,クラブバランス=D7.5,クラブ振動数=216cpm,でした。

その他お使いのクラブも拝見しました。
すると、ウッドクラブについてはシャフト重量50g程度のシャフトを装着したドライバー、#3W,#5W,をお使いでしたが、アイアンクラブについていは、モーダスの120g Sフレックス 仕様のモデルをお使いになっていました。

つまり、ウッド系のクラブはその重量帯が比較的軽いセッティングの組み合わせを使い、アイアン系はその重量帯が重たいセッティングのスティールシャフトをお使いになっていることが判明しました。

お話を聞いてみると、年齢歴的なこともあり、ウッドはラウンドの後半に振り切れなくなってくる傾向なので、軽くし、ラウンド後半も使えるようなクラブ重量にした、とのことでした。

ただ、こちらから提案したのは、「 一人のプレイヤーがお使いになるクラブの各クラブの総重量帯は、同じような ”流れ” になっていないと自分のスイングが分らなくなる傾向になり易い 」 ということです。
つまり、軽いドライバークラブをお使いの後、重たい#7アイアンでグリーンを狙う、ということを繰り返していると、クラブによって自然とスイングを変えざるを得ない、状況になりやすく、それを起用にこなしていると次第にご自身のスイングが乱れてきやすい、といことです。
恐らく H さんはそれを普段の練習でカバーしているのでないか?ということです。

今回はウッド系のクラブの調整をし、また、アイアンクラブのライ角度を直しましたが、少しこの辺りを今後のゴルフの参考にしてもらえたら、と思います。

お使いクラブの ” トータルクラブスペックマッティング ” とい考え方、非常に大切なこと、ですョ。
[トップに戻る

茨城・つくばのゴルフクラブのリメイク・修理:中古クラブの買取・販売:中古ゴルフショップ・ウインズゴルフつくば

〒 305-0042下広岡1091-2
第一光和ビル1F

TEL 029-855-8562 FAX 029-855-8567