最新情報 rss
2017年09月25日(月)

ウエッジクラブは一番使用頻度が多いクラブかもしれません。バンカーからの脱出、30ヤードのアプローチ、グリーン周りからの寄せ、強烈なラフからのショット、etc その使い方は様々です。そのためにクラブ自体の劣化スピードも一番早いもの。使い慣れたウエッジクラブほど信頼できるクラブはありませんが、フェイスの傷、溝の劣化、ネック部分の擦り傷、etc は使っていればどうしてもついてしまうものですが・・・

つくば市にお住いの、K さん。
先日アイアンクラブのシャフトを交換して、ここ数ラウンド調子がいいようです。
950GHのシャフトがどうもしっくりしなくて、プロジェクト X への交換後は納得できるボールが出始めたようで、そんなこともあり調子が出てきたようです。

それに反して、ウエッジクラブのヘッドの劣化には少々お悩みのようです。

使えば使うほど慣れてくるのがウエッジクラブのいいところですが、一番ヘッド自体の劣化は進んでしまいます。
フェイス部の傷、スコアリングラインの溝、ホーゼルブの擦り傷、はどうしようもありません。

そこで今回、中古クラブの中から今お使いのウエッジクラブの新しいバージョンを探してきました。しかし、使い始めたシャフト装着モデルはありませんので、当店にヘッド交換をオーダーにいらっしゃったというわけです。

交換用のヘッドとお使いクラブはモデル事態はほぼ一緒ですが、時期が違うので、比べてみると、ネックの長さが約1インチほど違っていて、ニューモデルのほうが短い設定になります。そのためにクラブバランスが若干軽くなってしまいますが、大きな問題にはならない範囲の誤差でしょう。

お使いクラブはいつもきれいなものを使うほうがゴルフ自体も楽しくなるものです。
いろいろ工夫すれば比較的安い費用で納得できるクラブを手に入れることができます。
何でもご相談ください。いっしょに考えましょう。
[トップに戻る

茨城・つくばのゴルフクラブのリメイク・修理:中古クラブの買取・販売:中古ゴルフショップ・ウインズゴルフつくば

〒 305-0042下広岡1091-2
第一光和ビル1F

TEL 029-855-8562 FAX 029-855-8567